芭蕉(バショウ)

俳人として著名な松尾芭蕉ですが、実はその名前も芭蕉の葉からつけられたと言われています。
その由来は「葉には支脈があり、それに沿って破れ易いということを世のはかなさになぞらえた」という説が有力です。

図柄は支脈がはっきりわかる大きな芭蕉の葉が2枚交差している様子です。

ページのトップへ戻る