弁護士

弁護士だけではなく、司法書士でも債務整理や自己破産の方法について依頼や相談をすることができます。 弁護士とは違い、司法書士の場合は、少額の総債務額140万円以下の場合について債務整理の代理権や交渉権を得るコトができるのです。

弁護士に依頼をすると費用が掛かりますので、そんなに沢山でないという場合については、司法書士に相談をすることも可能です。司法書士の場合は、費用があまり掛かりませんと言うことはメリットです。

でも、後から弁護士が必要になった場合が嫌だな、と言う方は、最初から弁護士に相談をした方が無難です。

ページのトップへ戻る