オリジナルTシャツと浴衣

和服を着る際にもっとも慣れと注意が必要なのが、帯の結び方ではないでしょうか。特に浴衣の場合は上に羽織を着ることも少ないので、帯が常に露出した状態になるため、結び方には特に気を付けたいですね。

男物の帯の代表的な結び方には、貝の口、片ばさみ、かるた結びなどがあります。特に決まりごとなどは無いので、好きな結び方で大丈夫です。冬の着物では羽織がふくらんで見えてしまう貝の口などは、浴衣だからこそ楽しめる結び方ではないでしょうか。

最近の初心者用の浴衣セットなどには、既に結ばれた状態になっていて簡単に結べる帯が添えられていることもあります。

ページのトップへ戻る