南天(ナンテン)

あまり見かけることがない植物ですが、赤い小さな実がたくさん付くのが特徴です。
赤い実は咳止めの薬としても利用されており、意外に身近な植物と言えます。

実がいつまでも落ちないことがめでたいとされ、祝い事や厄よけなどに用いられています。
家紋の図柄は、その実と枝葉を組み合わせた形をしています。

ページのトップへ戻る